bogoさんのお得通信。

「一つ買うともう一つもらえる!」のような、お得な情報を紹介します。

コードレスクリーナー日立工機 R10DL を購入しました。1選びます。

■コードレスクリーナー日立工機 R10DLを買いました。

 

 嫁さんとの同居から3年、累計3代目の掃除機の購入となります。

毎度、選定がうまく行ってないようです。(残念)
3度目の正直で選定にも力が入ります。
 
不満の種は
・掃除機が重い、疲れる。
・コードの取り回しが面倒だ。
・カタツムリ(キャニスターのこと)では2Fまで、頑張れない。
 
以上を解消すべく、購入したのは日立工機 R10DLです。
実は、工事現場などで、木屑などの処理をするために活躍する電動工具の一種で、
一般家庭の掃除機ではないです。
 
今回は、
購入のポイント、過去使用機種との比較、検討した候補について書きます。 
 

■購入のポイントは?

嫁さんが求めたのは3点。
  1. 軽い
  2. コードレス
  3. パワーは不満のない程度必要。
以上のみ。
対して、RD10Lは、重量0.9㎏、コードレス15分稼働、仕事率15w。
 

■今まで使ってきた掃除機との比較

今まで使っていた掃除機との比較をまとめてみました。
 
機種 日立工機 R10DL CCP  CT-AC37 TOSHIBAVC-Y70C
重量 0.9㎏ 1.25㎏ 3.7㎏
コード なし あり あり
仕事率 15w 70w 340W
集じん容量 600ml 50ml 300ml
ゴミ捨て方式 カップ式。
除塵ブレードで簡単
カップ式
ティッシュフィルタも使用可

カップ式、

ティッシュフィルタ使用可

運転時間 15分
メーカーHP

http://www.hitachi-
koki.co.jp/

powertools/pro/blower/
r10dl/r10dl.html

http://www.ccp-jp.com/

life/sweeplus/ac37.html

http://www.toshiba.co.jp/

living/cleaners/

vc_y70c/

アマゾン

R10DL(LCS)

CCP

CT-AC37-WP

東芝

VC-Y70C(L)

 
といったところ。右に行くほど古いです。
1台目のTOSHIBAは、重くて私しか使わなくなった機種。
2台目のCCPは、軽いは良いが、ケーブルがいやになり、誰も使わなくなった機種。
3台目の日立工機は、仕事率は低いですが、0.9㎏と軽く、何より取り回しが良いです。
 

■他の候補は?

では、購入のポイントに沿って、各機種を見てみます。 
候補は、
1、最高峰ダイソン、2、定番マキタ、3、そのライバル日立工機、4、良さげな±0
 
1、Dyson DC62 エントリー ダイソン スティック&ハンディクリーナー
重量2.04㎏で、当然コードレス。仕事率100w。
型落ちモデルで約40000円で値ごろ感でてる。とは言え4万円。つらい。
コードレスの最新モデルDyson V6 Fluffy SV09MHに対して2モデル前の型だが、
違いはHEPAフィルターの有無、ヘッド種が違う、トリガーが軽い点。
使用しているモーターとサイクロンの数は同じ。
実は更に古いモデルDC45は、モーターが別物で、サイクロンの数は少ない。電源のトリガーが重い。など大幅に劣るため、この点で一線引きたい。
 
2、マキタ のシリーズ
が定番品でど本命
重量0.9~1.4㎏、コードレス、仕事率は14~30w。
価格は12000円から25000円ほど。
・電源がボタン式かトリガー式かを選べる。
・ゴミ捨てを紙パックか、カップ式かを選べる
など自由度が高いのが特徴。
日立工機との比較では、最高出力でやや劣る。
2014年に高性能フィルタに変わって、チリで目詰まりせず使いやすくなった模様。
(購入した日立のR10DLでも流用できるので。使うことに。)

cl100dw 10.8v機種

cl140fdrfw 上位の14.4v機種
cl180fdrfw 最上位の18v機種
カタログより抜粋。 

f:id:bogo3:20150815062257p:plain

f:id:bogo3:20150815062258p:plain

 
3、日立工機
重量0.9㎏~1.4㎏、コードレス、仕事率15w~40w。
価格は12000円から25000円ほど
電源はトリガー式オンリー。マキタをやや上回る仕事率が魅力。
左から、R10DL R14DSAL R18DSAL
各々名前の示す通り、10.8v機種 上位の14.4v機種 最上位18v機種。
 
 
4、±0(プラスマイナスゼロ) XJC-Y010 

 重量1.3㎏、コードレス、出力30w

価格は19000円ほど。スペック考えると良好。

スペック的には文句無い候補。1.3kgと軽く高出力。
最高出力時は仕事率30wを誇り25分稼働、標準の仕事率18W時には57分の長時間稼働が魅力。
ちなみに30Wはマキタの最上位機種と同等で、すごいの一言。
価格は2万弱と比較的手ごろ。
でも、バッテリや保守の調達のしやすさ考えると、マキタ、日立の工具には勝てない。スルー。
 

■買ったのは日立工機 R10DL

機種はたくさん見たけど、結局、0.9㎏と軽いR10 DLに決定。

次回、開封します。